西藤ヒロノブ (guitars & ukulele)
宮崎県生まれ。’99年、ボストンバークリー音大へ留学後、NYへ拠点を移す。 
’04年、スペインの名門レーベル、フレッシュサウンドレコードよりデビュー。
ヨーロッパ、アメリカを中心にワールドツアーをスタートする。
‘11年、ミュージックペンクラブ音楽賞を受賞。
これまで、モントレージャズフェスティバルやNYウクレレフェスなどに出演、アル・ジャロウ、マリーナ・ショー、リチャード・ボナらとも共演を果たす。
カウアイ島在住のサーフフォトグラファー、佐藤傳次郎氏との出会いをきっかけにサーフジャズ、アイランドジャズを提唱。
また近年は、サーファー・ミュージシャンのトム・カレンとも親交を深め、ハワイ、モロッコ、イギリスなどツアーに参加している。
‘17年秋、7枚目のアルバム”Sweet Dreams”をキングレコードからリリース。
サーフ&ジャズ&ワールドミュージックを愛する、ギタリスト・作曲家として、独自の活動を展開中。
www.hironobusaito.cc
 
 

 

  
西藤ヒロノブ (guitars & ukulele)
宮崎県生まれ。幼少よりピアノを始め、中学より仲間たちとバンド結成。
ベースやギターを手にし、ハードロック、パンク、ロカビリーバンドなどで演奏する。
10代後半、兄の影響でWes MontgomeryやBarden Powellの音楽に出会い、次第にジャズやボサノヴァに傾倒していく。
大学卒業後に就職するが、脱サラを決意し1999年より奨学金を得てボストンのバークリー音大へ渡米。 
Joe Lovano, Mick Goodrick, Richie Hart, Hal Crook, 小泉清人らに師事。
2002年、ギター科を代表して、当時のヒーローだったPeter BernsteinとDuo共演。
2003年、Guitar Achivement Awardを受賞。
2004年、スペインの名門レーベル、フレッシュサウンドレコードより日本人初のアーティストとしてCDデビュー。同レーベルより3枚のアルバムをリリースし、ヨーロッパ、アメリカ、日本を中心にワールドツアーをスタートする。
2007年、Su Su Bobienの歌っている「Set Free」、Stevie Wonderの「As」(ともにtakaya's afroyoker's mix)の
リミックス(traxsource record - Miami/USA)に参加。HERO (Hironobu Saito, Takaya Nagase)という名義で、 Rouge (Takaya's Club Remix)という楽曲がハウスコンピレーションシリーズ「FLORIA」に選ばれる。
2010年、本邦初の”アイランド・ジャズ” スタイルのアルバム「Reflection」をリリース。
2011年、第23回ミュージックペンクラブ音楽賞ベスト・ニュー・アーティストを受賞。 
同年、Al Jarreau &JAZZ FOR JAPAN ALLSTARS featuring Hubert Laws,Tom Scott etc.の一員として、大阪と東京のビルボードライブの公演に参加。 
2012年、伊藤八十八プロデュース、DSDレコーディングによる、リチャード・ボナらが参加した5枚目のアルバム「Alfie」をリリース。
2013年、アコースティックギター&ウクレレのみで演奏した6枚目のアルバム「Golden Circle」をYamaha Music & Visualsよりリリース。
2014年、初のライブDVDをアトス・インターナショナルよりリリース。
これまで、モントレージャズフェスティバル、NY Ukulele Festival、Boardmaster Festival (イギリス)、ブルーノートNY & HAWAIIなどに出演。ニューヨーク、ハワイ、ヨーロッパ、カメルーン、モロッコ、北中南米(ブラジル、アルゼンチン、ペルーなど)、アジア諸国など世界各地で演奏活動を行っている。
2017年秋、7枚目のアルバム”Sweet Dreams”をキングレコードからリリース。
ギターは、アイバニーズギター(Ibanez Guitars)オリジナルシグネチャーギター「The Sea」を使用。
その他、アコースティックギターをYAMAHA、ウクレレをKoaloha Ukulele (Oahu) & Kamoa Ukelele (Kauai)、アンプをMark Bass Amp (Italy)等とエンドースしている。
また近年の活動としては、レジェンドサーファー・ミュージシャンのトム・カレンと親交を深め、彼のバンドメンバーとして世界中をツアーしている。
カウアイ島の魔人との異名を持つ、Titus Kinimakaや、世界で26人の1人に選ばれたカウアイ島在住のサーフフォトグラファー、佐藤傳次郎氏との親交も厚い。
2011年の6月にはハワイのカウアイ政府のイベントにて、3.11の被災地支援コンサートを行い、その収益をJazz for Tohoku団体に寄付。これまでいろんなチャリティーコンサートなどにも関わってきた。
その活動の一部は、WowowキュメンタリーTVや、映画「Aloha Death」、NHK BS 「エルムンド」などでも紹介されている。
サーフカルチャーとジャズ&ワールドミュージックを愛するギタリスト・作曲家として、独自の音楽活動を展開中。
www.hironobusaito.cc